はじめに

はじめての方へ

「なんにもない」すらも武器にして自分を大切に生きられる人を増やしたい。

はじめまして、ゆりにこです。

わたしは今、「ビジネス」という活動を通して、自分を大切にしながら、毎日がほんのちょっぴり生きやすくなる人を増やすことを仕事にしています。

 

具体的には、SNSやあらゆるメディアを使った情報発信を軸に「オンラインコンテンツ」を販売する方法を、通信講座にして販売したり、個別相談でひとりひとりの強みや目指す働き方を尊重した戦略を設計したり、セミナー登壇やイベント主催をしたりしてきました。

 

Twitterフォロワー数は1.2万人超。

 

講座は累計2300人以上に販売。

画像1


オフラインのトークイベントには300人を動員。

その経験を生かして、個人ビジネスの最初の難関である「01」を突破する人を多数輩出してきました。

こんなわたしを見て「ビジネスというと稼ぐことでしょ」「稼ぐ方法を教えてくれる人ではないの?」と思われるかもしれませんが、それもそのはずです。

わたしのしている仕事は、「コンサルタント」のイメージをもたれたり、ときには「情報商材屋」や、「SNS起業家」「キラキラ起業女子」と見られたりすることもあります。

それらが良い悪いという話ではありません。ただ、わたしがそれらとは大きく違う点があります。

それは、わたしは「稼ぎ方」を教えるのではなく「生きづらい」となんとなく感じている人たちがそんな自分自身を大切にしながら生き抜くための“自分だけの武器”を身につける方法をお伝えしていることです。

これが、冒頭に書いた“「ビジネス」というチャレンジを通して、自分を大切にしながら、毎日がほんの少しだけ生きやすくなる人を増やす”ということです。

誰よりも生きづらさを感じていたことが原点です。

なぜわたしがそれを仕事にしているかというと、わたし自身がもともと自信のかけらもなく、今にも消えてしまいそうなくらいに生きづらさを感じていた当事者だったからです。

20194月末まで、わたしは福井県の片田舎で、ごく普通の会社員をしていました。“会社員”と便宜上いっていますが、実際は福祉の仕事の現場で働いていました。おじいちゃんやおばあちゃんや、ご病気の方、障害のある方など、社会的弱者と呼ばれる方々の生活をお手伝いする仕事です。

(※見えにくくてごめんなさい・・・)

わたしは子どもの頃からとにかく人とコミュニケーションを取ることが苦手でした。大人になっても、初対面の人と1時間一緒にいるだけで寝込むほどに疲れてしまうし、3人以上の場ではひと言も発せないまま数時間でも経ってしまうほどの人見知り。これといったスキルも特技も好きなことも、パワーがみなぎるような夢も目標もなくて、なんにもない自分の頭の先からつま先までがイヤで仕方がありませんでした。自分の5年後や10年後を想像したところで人生が大きく変わるような転機が待っているとも思えず、このままのわたしで残りの人生を全うするのは難しすぎるとすら思っていました。

 

もし、こんな自分をほんの少しでも好きになれるチャンスがあるのならと、ファッションを変えたり、メイクを研究したり、資格をとったり、恋愛したり、ジムに通ったりと、思いつく限りの挑戦をしてみました。きっと「自分 変える方法」「自信をつけるには」Googleで検索してヒットするものはひと通り試したと思います。

 

しかし、”わたしを大切にしてもいい”という土台がないから、外堀ばかりを埋めたところで、何ひとつ変わることができませんでした。

 

いつも「自分なんて・・・」が口癖。自分が欲しいものよりも、身の丈にあった”自分なんか”にちょうどいいものを選ぶことが癖になっていました。

でも、“あること”がわたしを変えるきっかけになりました。それが「ビジネス」でした。

・・・と「ビジネス」という言葉が出てくると途端に怪しさが増しますが、何度もお伝えしているように、わたしは「稼ぎましょう!」「時間もお金も自由になりましょう!」なんて話をしたいわけでも、怪しいビジネスにあなたを勧誘したいわけでもないので安心してください。

 

本題に戻りまして、わたしがはじめに出会ったのは「アフィリエイト」というネット環境さえあればできるビジネスでした。

たまたまSNSで見かけた女性起業家さんのはたらき方に興味をもち、ゼロから「インターネットでモノを売る」ということを学び始めました。「アフィリエイト」とは、わかりやすくいうと、インターネット上で他の人の商品やサービスを販売する代わりに成果に応じて売上の一部をもらう、インターネット上の営業代行のようなものです。

Twitterでその経過をリアルタイムに発信しながら、アフィリエイトで少しの実績をつくったあと、その経緯をまとめたオリジナルのオンライン教材をつくって1日で332部を販売

 

その勢いで、初めてのセミナーを東京で開催して30人以上を集客するなど、決して爆発的とは言えませんが、でも着実に、ひとつひとつの実績を積み上げていきました。

 

「ビジネス」のビ」の字も分からないまま、ビジネスをはじめた日からちょうど1年。4年間つとめた福祉の現場を退職し、得意の文章を生かして、ライターとして独立をしました。1年間で、関わる人も取り巻く環境も大きく変化をしていきました。

 

そこから4ヶ月後の201991日、「ゆうこすゆりにこ祭」を主催しました。SNS総フォロワー数150万人超、テレビや雑誌にも引っ張りだこの、インフルエンサー・起業家のゆうこす(菅本裕子)さんへ直談判して、ゲストにお招き。独立4ヶ月目にしては異例といわれる300人が来場するイベントをつくりました。当日は、北海道から沖縄まで、文字通り全国各地から、わたしのチャレンジを応援するフォロワーのみなさんが東京に駆けつけてくれました。
 

(※ゆうこすさんが可愛かったです)

 

 

(※緊張してほとんど話せませんでした) 

イベントの模様は、Twitterの全国トレンド入りもするなど大盛況。“田舎ぐらしのごく普通の女の子が格上の芸能人を呼んでTwitterだけで300人をリアルイベントに集めた”というストーリーにたくさんの人が注目をしてくださいました。

 

そのあとに直面したのは挫折でした。

当時のわたしを見て、「なにもかもが順調でいいな」と多くの方が思っていたことだと思います。たしかにわたしはチャンスに恵まれていたし、大きな夢を叶えることができ、わたしの代名詞ともなる大きな実績をつくることができました。

ですが、実はわたしにとって「ゆうこすゆりにこ祭」はひとつの挫折でもあったんです。イベントが終わったあと、わたしの心にはぽっかりと穴が空いて、全く力が出なくなってしまいました。

その理由は明確でした。

それは、300人のイベントを成功させたのは自分自身の力ではないことをわたしが一番分かっていたからです。

(※全国から50名以上の有志のスタッフが集まってくれました)

たしかに誰もやったことができないことをやりました。でも、それは、わたしの思いに共感をしてくれたフォロワーのひとりひとりがその先のひとりひとりに声をかけてくれたり、あらゆるものを犠牲にしてまで運営のお手伝いをしてくれたりしたから成し遂げられたことで、わたしに特別な何かがあるわけではなかったからです。しいていえば、人よりちょっとだけ人の力を借りるのがうまかっただけ。

大きな実績をつくれば、大きなチャレンジをすれば、自分の中に何かが変わると思っていたけど、結局、外堀ばかりを埋めていた会社員時代のわたしと根本的な部分はなにひとつ変わっていないことに気づいてしまったとき、わたしがやってきたことは本当に正しかったのかと自問自答するようになりました。

とりあえず、稼いでみる・・・。

そこからあらためて、わたしにとっての「ビジネス」や「働く」ということについて考えるようになりました。でも考えれば考えるほどに手が止まってしまうんです。

何もやりたいこともない、夢も目標なんてない、高尚なビジョンもない、物欲もない。最低限に必要な衣食住さえまかなえればそれでいい。

とにかくやりたいことがなかったわたしは、ある言葉を思い出しました。

「いらない」を言ってもいいのは手に入れたことがある人だけ」

これは会社員を独立してすぐのころ、「お金が欲しいわけじゃない」と言うわたしに、お世話になっているある経営者が言った言葉です。

「ある」状態を知らない人が「いらない」を言うのはナシ。本当にお金がいらないかどうかは手に入れてからわかること。まずは稼いで、自分のまわりを満たして、いらなかったものを削りなさい。・・・というニュアンスだったと思います。

このまま次に情熱をそそげるものを探していても貯金が減る一方だったこともあり、とりあえず働かなくては・・・とスイッチを切り替え、「稼ぐ」を次の小さな目標に立てました

当時、収入もほぼゼロに近かったので、生活を立て直すべく「今月は30万円を稼いでみよう」と決めてなんとか達成。「じゃあ今月は50万円を稼いでみよう」と決めてなんとか達成。「じゃあ今月は・・・」と目標を立てていくうちに、4ヶ月後には、個人ビジネスのひとつの大台でもある「100万円」を達成することができました。

「やったーーーーーーー!」・・・となればわたしはこのままみなさんに「稼ぎましょう♩」を唱える人になっていたと思うのですが、わたしの場合はどうやら違ったようです。たしかに嬉しいけどそれ以上でも以下でもない。

手元に大きなお金が入ったところで欲しいものも何もなく。せめてなにか自分のためにご褒美をしたいなと頭をしぼって買ったのが、大好きなアニメ「鬼滅の刃」のシールがおまけについている¥300のぷっちょだったときに、わたしが本当に欲しいものは、やっぱりお金でもモノでもないんだなと実感しました。

でも、わたしの中で大きな変化がありました。

それは、自分と交わした約束を守れたことと、「できた」の小さな成功体験から、大きな自信がついたことです。

300人を集める大きなイベントに比べたら地味なことかもしれません。でも「これはわたしがやったんだ」と確信を持って言えるものをたったひとつでも経験すること、「これならわたしはできる」という武器をたったひとつでも身につけることが、これほどにも自分を生きやすく前向きにしてくれるんだと思いました。

そして、過去のわたしのように「なんにもない」に苦しむ人に本当に必要なものこそ、この小さな「できた」の上に立つ、自信だと思いました

その経験から、他の人にも、自分を大切に生きられるようになるための武器としての成功体験を、ビジネスという活動を通して体感してもらいたいと考えるようになりました。
 

たった1度きりの人生をどこでだれとどんな風に過ごすかの選択肢を増やすことができます。

こうした成功体験は「ビジネス」でなくても得られると思われるかもしれません。それはそのとおりで、ダイエット、英会話、お料理教室、日々のお仕事からだって「できた」を積み上げることはできます。

ただ、自分を大切に生きやすくなるためには、その他のどれでも埋めることができない、もうひとつの重要なポイントがあるんです。

それは、「人生の選択肢が増えること」です。

自分の本当の「欲しい」「行きたい」「食べたい」「見たい」「来たい」「会いたい」に敏感になってその「したい」を大切に扱ってあげることです。

もし今あなたに何の制限もなかったとしたとき、“今日”という1日をどんな風に過ごしたいですか?「お金がないから」「時間がないから」「仕事があるから」「家庭があるから」・・・そういうものを一旦ナシにして考えてみて欲しいんです。

  • サクッと飛行機をとって北海道にいきたいな
  • 片道切符で知らない街に行ってみたいな
  • 家族とおうちでゆっくり映画でも見たいな
  • 新しくできたカフェでゆっくりコーヒーでも飲みたいな
  • 大好きなアーティストのライブに行きたいな
  • 仲良しの友だちと温泉にでもいきたいな
  • ちょっとおしゃれをしてお買い物にいきたいな
  • インスタで見た流行りのスイーツを食べたいな
  • ひとりで家にこもってずっと寝ていたいな

・・・

ここで「~したい」が出てくる人はまだ大丈夫なんです。怖いのは、忙しい日々に忙殺されて「~しなければならない」「~でなければならない」という前提にしばられる中で、本当の「したい」「したくない」も「好き」「嫌い」もわからなくなってしまうこと。

かつてのわたしがまさにそうで、自分の本当の「~したい」もわからなければ、「わたしは~」からはじまる言葉を言おうとするだけで息がつまるほどでした。

でももし、ほんの少しの「時間」の余裕と、「お金」の余裕と、「できる」の自信があれば、「時間がないから」「お金がないから」「自分なんかにはできないから」のしばりをとって、たった1度きりの人生をどこでだれとどんな風に過ごすかの選択肢を増やすことができます

自分の「したい」を大切に扱ってあげることは、さらなる自信をつけてくれますし、もっともっと自分を好きになることにもつながります。ポジティブな変化は、大切な友人や家族にもいい影響をどんどん広げてくれるものです。

だからわたしは

  1. できることが増える
  2. 選ぶことができる

を満たしてくれる「ビジネス」という方法をつかって、自分を大切にしながら生きられる人を増やしていきたいなと考えるようになりました。

ファッションもいい、筋トレもいい、エステだってメイクだっていい。だけどわたしは、ジムに行くように、エステにいくように、新しい習い事を始めるように、「ビジネス」というものがもっともっと誰にとっても身近な存在になっていいと考えています

 

スタートラインに、都会に住んでいる小金持ちしか立てないなんておかしくないか?

でも、わたしがその当事者だったからこそ、「ビジネス」への挑戦のハードルが高いことを知っています。

まず、「ビジネス」を教えている、起業塾や情報商材と呼ばれるものは、高額なものがほとんどです。「稼ぎ方」を教えるので、数十万円の値決めをしても売れやすいジャンルだからです(わたしの最初の投資も40万円でした)。その中身の善し悪しはわたしはわかりません。でも、それが本当にいいものだったとしても、過去のわたしのように、手取り15万円で、スーパーのお惣菜が半額になるのを待ったり、コンビニで100円のジュースを買うかどうかにも頭を悩ましたりする会社員には、そのはじめの投資の用意すら難しいのも事実です。

そして、「地方」に住んでいることもハードルになります。さまざまなチャンスは東京に集まることが多いもの。新しい生活様式に合わせたオンライン化により、以前よりは情報格差はなくなったかもしれないけど、オンラインでほとんどのことが済ませられるようになったからこそ、本当に大切な情報やチャンスが今後さらにリアルのさらにさらにクローズドなところに集まると思っています。都会と地方で情報とチャンスの格差が埋まることはありません。「地方に住んでいるから」は、諦める理由のひとつに十分になり得ると思います。

ほかにも、「もう若くないし・・・」「ビジネスなんて全く学んだことがないし・・・」と、諦める理由はいくらあげても足りないほどです。その中には、やる気や優先順位の問題もあるけれど、ひとりひとりが抱えているあらゆる事情やバックグラウンドによってはどうしようもないことがあるのも痛いほどに分かります。

 

そして、今改めてわたしが強く思うこと。

 

それは、人生や自分を変えるチャンスやきっかけは誰にも平等にあるべきだということです。その未来で、成果がでるかどうか、突き抜けるかどうかに差がでるのは仕方が無いことだと思います。

でも、そもそものスタートラインに、都会に住んでいる小金持ちしか立てないなんておかしいと思うのです。

 

わたしは、福井県というなんにもない田舎で育ちました。まわりに起業をしている知人なんてひとりもいない環境でした。起業という選択肢を知ったとき、わたしは手取り15万円の会社員、25歳でした。ビジネスのことを学んだことはありません。福祉の現場であくせく働いていました。

 

いまでは中高生でもバンバン起業している時代に当時のわたしはもう25歳。福井県に3人くらい友だちがいるだけの狭めすぎた人脈。福祉のこと以外は勉強したことがないのでわかりません。高校時代の数学はいつも14点で勉強も得意ではありません。

 

そんなできない理由ならいくらでも並べられる状況だったけど、他の方法は全部やり尽くしていたので、小学生の頃から貯めていたなけなしの貯金を用意し、人見知りだから本当は誰にも会いたくないけど、勇気をふりしぼって、大阪・東京に通い、たくさんの仲間に出会って、挑戦する機会や、尊敬できる方々から本当に大切なことを学ぶ環境に身を置きました。平日はフルタイムで働いて、退勤後は日付が変わるまでマックか自宅で作業をし、週末は大阪・東京へ足をのばすか、カフェをはしごして1日中作業に没頭する日々でした。

それから、1年後、会社員を独立。

ごく普通の会社員がゼロからまずは小さく事業をつくるために必要なことは、わたしがたくさんの時間とお金をかけて代わりに学び、実績に変えてきました。同じような苦労を他の人がしなくてもいいと思っています。

今は、フリーランス2年目になり、ライターをしながら、個人ビジネスの立ち上げを応援する側にまわるようになり、「自分を変えたい」「チャレンジがしたい」と思った人がみんな平等にスタートラインに立てる環境をつくりたいと思うようになりました。

なんでもないわたしにはそれくらいしかできません。でも、なんでもないわたしだからこそできることであり、わたしにしかできないことでもあります。

 

こうして今度は応援する側にまわったわたしが今、大切にしていることが3つ。

1つ目は、「手取り15万円の会社員でも手に取れる金額で」「ネット環境さえあればどこに住んでいても」「本当に大切な質の高い情報がわかりやすく手に入る」にこだわることです。

本来であれば数十万円が相場のようなものを、わたしは10分の1、なんなら100分の1の価格でお伝えしてきました。手取り15万円の過去のわたしのような会社員でも清水の舞台から飛び降りるような覚悟ではなく、わくわくしたポジティブな気持ちで新しいチャレンジに気軽に踏み出せるようにと考えたからです。そして、どこに住んでいても平等にチャンスがあるように対面を限りなく減らして、インターネットを使うことでそれを伝えてきました。「ビジネス下手」だと「バカだ」と思われることもあります。それに異論はありません。

ただ明確にわたしが他と違うのは、本当に届けたいものは、「稼ぎ方」ではなく、最初の一歩目の「チャンス」であり、できたの「成功体験」であり、”わたしなんか”を”わたしだからこそ”に変える「きっかけ」だということです。

だから、稼ぎたい人は「稼ぎ方」を教えるプロのところに行くのがベストです。わたしはそこを重要視していないので上手にお金を集める方法を伝えることはできません。

2つ目は「ごく普通の会社員がリスクなくチャレンジできる方法」にこだわることです。「ビジネス」というと、大きな資金が必要なイメージが強く、それが新しいチャレンジのハードルをあげています。でも今の時代、インターネット環境さえあれば、SNSとあらゆるメディアを組み合わせてゼロからビジネスがつくれる時代です。失敗してもケガをしない守られた範囲から始められる方法でひとつひとつの「できた」を積み上げていくことを大事にしています。

3つ目は「ひとりひとりの個性や理想の働き方を尊重する」ことです。ビジネスで売上を追いかけるのは簡単です。極端にいえば24時間365日稼働をすればお金をつくることはできます。じゃあなぜつまずくのかというと、その働き方に違和感もしくは無理があるからです。どうすれば成果が出るのかの答えを知っていても「とにかくやりましょう」では人は動けません。

わたしは、その人が元々もっている特技・スキル・興味・経験を市場に合わせた「売れるコンテンツ」に編集することが得意です。また、転職・独立・結婚・出産・育児などといったライフスタイルの変化や、目指すステージ、おひとりおひとりのあらゆるバックグラウンドを尊重し、おひとりおひとりの理想の働き方を最終ゴールに見据え、どこに向かって何のために今どこを頑張るべきなのかをお伝えするようにしています。

ここまでが、わたしの原点から、わたしが大切にしていることのすべてです。

もし、あなたが、現状になにか閉塞感を感じていて、なんとなく生きづらいと思っていて、でもどうしたらいいかわからなくて・・・と迷っている、過去のわたしのようなひとりであるなら、何者でもない平凡な自分がゼロからつくり上げていく中でぶつかるあらゆるハードルを全て経験してきたわたしだからこそ、お役に立てることがあると思います。

今すぐでなくてもかまいません。でも、頭のかたすみにでもわたしのことをおいてもらって、必要なときに思い出してもらえるような存在になれたらと思っています。

もっと楽しくもっと自由に失敗も挑戦も許される世の中に、わたしにできることを続けていきます。

【現在募集中のサービスなど】

 オンライン講座(有料note

480円から学べる動画教材やテキストを10講座以上ご用意しています。「おもしろそう」「楽しそう」と思われたものからぜひ手に取ってみてください。

人気No.1 

人気No.2

人気No.3

そのほか、こちらからジャンルにあわせた講座を一覧で見つけられます。

 

■メールマガジン(無料)

なんでもないわたしが、SNSでゼロから仕事をつくってきた今日までのすべてを10日間のメールレッスンにまとめて学べるように体系化しました。SNSには書きにくいような本当に大切なことはメールで伝えると決めています。読者数1500名以上、お気軽にご登録ください。無料メールマガジンに登録する

voicy(無料)

SNSを仕事にするラジオ」をテーマに音声メディアで配信をしています。リアルタイムにそのときホットな情報をお伝えするようにしています。移動時間や家事の合間、おやすみ前のリラックスタイムに聞いていただいているようです。チャンネル登録者数500名以上。

 

現在、新しいプログラムづくりと、すでにお受けしているライティング案件に力を入れているため、個別コンサルティングのご依頼はお受けしておりません。ただ、「ごく普通の会社員がリスクなく個性や理想の働き方を尊重したビジネス」をはじめるために必要なことは、上記のメルマガや各種SNS480円から学べるオンライン講座の中でも十分に受け取ることができるので、「ピン」と来るものから触れていただいて、できることからやってみていただけたらと思います。

もし、単発もしくは継続コンサルティングの募集を行う場合は、普段の関わりの中から個別にお声かけをするか、メールマガジンにて告知をしますので、興味がある方は、ご登録しておいていただけるとさいわいです(ちなみにこれまで単発コンサルティングおよび1ヶ月継続コンサルティングの募集はそれぞれ1回のみです)。

・・・というわけで濃く関われる機会には制限がありますが、セミナーやイベントに参加するのがすきなので、どこかでお見かけした際には、お気軽に声をかけていただけたらとっても嬉しいです!!!

引き続き、よろしくお願いします!最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ゆりにこ

ライターなど。大学卒業後、社会福祉士として福祉の現場に就職。20185月、アフィリエイトで副業を始める。「文章力」を武器に、「ファンづくり」・「巻き込み」を強みに、コンテンツ販売やセミナー開催の実績をつみ、20194月をもって独立。20199月には300人動員のトークイベントを主催。現在は、個人としての情報発信のほか、主に起業家の方々のライティング代行や、プロモーションにたずさわっています。noteの累計販売部数は2300部超(2020.10時点)。Twitterフォロワー1万人超。福井県出身。

お問い合わせ▶yurinico.net@gmail.com

\今月のオススメ/

まったくの初心者からでも“30日間”の短期集中で収入の柱をつくることを目指す講座です。将来の自分のために”今”少しだけ頑張ってみませんか?「4日で元取れた!」「初noteが40部売れた!」「1ヶ月で総額40,300円達成致しました!」・・・など嬉しい報告もたくさんいただいています。

▼詳細はコチラから▼

 

\無料メールマガジン配信中/

ゼロからSNSをつかって仕事をつくり、1年で独立するまでのプロセスを公開しています。1500名以上に登録いただいています。販売予定のコンテンツの無料先行公開ゲリラ企画や、イベントの先行案内などのお楽しみも・・・!

▼登録はコチラ▼