こころを動かす文章術

文章に「自信がない」という人へ伝えたい5つのこと

「書いてみても投稿しないことが多い」「せっかく記事を書いてもこだわりすぎてしまって世の中に出せない」「そもそも自分なんかが書いてもいいんだろうか」と思うことはありませんか?

この記事では、文章を書くことに「自信がない」というあなたに5つのことをお伝えします。

1.自分が「書くこと」に対するOKをだす

自分が「書くこと」に大きなブロックを感じて、怖じ気づいてしまうことがあります。まずはそのブロックを取っ払うこと。「書く」はだれも平等にあたえられている権利です。年齢も学歴も実績も関係ありません。

「自分なんかが」と思ったり、表現することを「恥ずかしい」と思ったりする必要はありません。
まずは、「書くこと」について、自分が自分に対して、OKと許可を出してあげてください。

2.だれよりもその価値を自分が理解する

画像1

そして、自分がもつ「情報」そのものや、「情報発信をすること」の価値をまずは自分が1番に理解することです。

自分がこれまで経験してきたこと、それに費やしてきた時間、自分の情報を必要とする人たちのことを思って(書き出して見えるようにしてもいいです)、自分が知っていること、自分がつくる文章の価値をまずは自分が認めてあげましょう。

3.たくさんの文章に触れる

世の中はたくさんのアイディアにあふれています。本や、Web記事を通して情報に触れることは、そのヒントを得る1番の方法です。

また「自分には当たり前だと思っていたけどこういう情報でも必要とされるんだな」とか「上手に書こうとしなくても、こうやって言葉にすれば伝わるんだな」とか、場合によっては「こんな文章でも世の中に出してもいいんだな」と感じ、 “自分が世に出す”ことのハードルが下がることもあるかもしれません。

4.とにかく書いてみる

画像2

まずは1文でもいいから書いてみましょう。一気に書き上げようとすると気が重たくなります。1語1語、1文1文の積み重ねがひとつの文章になります。まずは、迷わず書いてみてください。そのパーツを組み立てることでひとつの文章ができあがります。

5.完璧主義を捨てる

完璧を求めるのはあきらめましょう。日々、ブームも変わって、自分自身も変化をしていく中で、“完璧”のゴールは日に日に遠ざかっています。いまどれだけ完璧に近づけてつくった文章も時間が経てば過去のもの(わたしも「これでよし」と満足をして書いた記事も、見返せば目も当てられないような状況です)。

完璧であり続けることも難しいです。もし、どうしても「完璧」を求めてしまうのであれば、その基準を「達成できる範囲に」もうけることが大事だと思います。たとえば、わたしなら、“毎日1記事更新“を基準にしていて、それさえできればわたしにとっては「完璧」!。

クオリティや、コントロール外のこと(例:○○○pvいくようにする、○RT以上される)に、基準を置くと苦しくなるので、自分でコントロールできて、わかりやすく「達成」「未達成」がわかるところに基準をおいてみてください。自分でコントロールできて、わかりやすく「達成」「未達成」がわかるところに基準をおいてみてください。

「書く」は1日で上手になるほど簡単なことではないですし、「世の中に出す」ことも勇気がいることですが、極端にいえば、「慣れ」。書くしかありません。

逆をいえば、書けば書くほど楽になるし、うまくなるし、応援してくれる人も増えていきます。どんなチャレンジにも言えることですが、まずはやってみること。

まずはそんなチャレンジをする自分にOKを出して、自分の背中を押してみてください。