おもしろリプライトレーニング〜わたしはただおもしろくなりたかっただけなんだ〜






今日はこの上なくどうでもいい話をします。

わたしは今ツイッターに力を入れています。
そのおかげで本当に狭いところでですが、
ほんの少〜〜しだけ目立つところに
立たせていただいています。


わたしが評価をいただいている
ポイントのひとつに“リプライがあります。
誰かのツイートに対するリプライや、
いただいたリプライに対するリプライ返しが
なかなかにくせになるらしいです。


実際、タイムラインに表示されないはずの
“誰か”にあてたリプライに、
20以上の「いいね」がつくこともあって、
 “わたしとだれか”のやりとりにも
注目いただけていることを感じています。


んで!!!
よくそのリプライについても
“センス”と言われてしまうのですが
ちがうよちがうよちがう〜〜〜ってことで
今日は、フォロワーさんと一歩近づける、
ワンランク上のおもしろリプを送るための
トレーニング法について書きたいと思います。


■リプライについての基本は、
note「ファン化の教科書」で
触れているのでぜひご覧ください。


ちょっとわたしの話になるのですが
もともとわたしは内弁慶で
ユーモアやおもしろセンスとは
かけはなれたところにいました。

人見知りで気の利いたこともいえないし、
3人以上の場になると
だんまり決め込むくらいに集団が苦手。

でも本当はめちゃくちゃ
おもしろいことが好きで!!!!

なんなら女芸人さんに
なりたいくらいに
おもしろいことが好きで!!!!

人見知りだし
おもしろいことも言えないけど
せめてちょっとだけおもしろくなって・・・


爪 痕 を 残 し た い !!!!


ただ、それだけでした。


じゃあなにするかというと
これも基本は勉強なんですよね。


わたしのおもしろバイブルは
バラエティ番組とトーク番組!!

大学生の頃、
こうしたテレビ番組をたくさんみて
どうすれば爪痕を残せるのかを
研究しました。

んで、テレビに出てる
タレントさんとか芸人さんて
普段のテレビ番組やとおもしろいのに
生放送だととたんにつまらなくなる
現象ありませんか?
なんかぐだぐだで
間が悪い〜みたいな。

つまり、テレビがおもしろいのは
“編集”のおかげなんですよ。

だから、編集された
バラエティ番組とかトーク番組は
ながああああああい収録のうちの
爪痕だけを選抜した
おもしろの宝庫なわけです。


だから、わたしは
バラエティ番組をたくさん見て
“何がウケるのか”を研究しました。



で、ポイントとして見るべきなのは
「トーク」じゃなくて、「ガヤ」の方。



トークの方はですね、
どうしてもセンスが
問われるので難易度が高いのと、

日常生活では
圧倒的に話すよりも聞く方が
比率として高いので、



汎用性があるのは「ガヤ」芸なんですね。


なので
芸人さんやタレントさんが
どうやって絡みに出たり、
ひな壇芸人でも爪痕残したり、
話題の中心じゃなくても
わっと笑いをとったりするのか、
間合いや言葉の使い方や切り口など
そういうのを見て参考にしています。


そんなこんなで
わりとリプを返したりとか、
日常生活で
ちょっと爪痕残したいときは、


「これがもしテレビ番組だったら
カットされないだろうか??」


「ちゃんとカメラに
抜いてもらえるだろうか??」


「なんならテロップでどーんって
引き抜いてもらえるだろうか??」


・・・そんなことを考えながら
言い回し・表現・空気感・間合いを変えます。


ちなみにおすすめの番組は、
しゃべくりと、アメトークと、さんま御殿です。

しゃべくりはレギュラー陣が
すでに仲良しなので
掛け合いとか内輪ネタとかで
盛り上がる感が飲み会とか
仲良しさんと絡むとき向きです。


アメトークは雛壇から
芸人さんがこぞって
話題の中心をかっさらおうと
いまかいまかと構えてるので
一発の破壊力が大きく、
爪痕残すテクには参考になります。

さんま御殿はゲストが
女優さん俳優さんのことも多くて
トーク自体はおもしろくないけど
さんまさんの聞き方も参考になるし
つまらないトークが
芸人さんのガヤや突っ込み一発で
大逆転して空気変わったりするんで
盗めるところが多いです。

そんなこんなで
トレーニングをつんで
おもしろいものを拾ったり、
おもしろく切り返すアンテナの精度を
高くしてきました。


ふぅ、
いまでは結構感覚になってることを
言語化してみました。


どうでもいいことを
まじめに語るのおもしろいですね笑


一撃必殺リプライ目指して
なにか参考になれば幸いです。


ぜひぜひシェアしてねーー!!



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です