ゆりにこのひとりごと

“いいね”は脳内麻薬





[vkExUnit_ad area=before]


ツイッターやインスタ、
ブログに代表されるように、
個人が影響力をもって
情報発信できるようになった今、
よく話題にあがるのが“SNS疲れ”。

あなたは、
“いいね”の数にとらわれていませんか?
“すごい人”を演じて疲れていませんか?

今日は、
そんなSNS疲れについて、
考えてみたいと思います。



わたしはいま、
ツイッタ−・ブログ・Youtubeを
主に運営しています。


一番わたしの力が
発揮されているのがツイッター。


・・・というのも、
わたしはエンゲージメント率
(ツイートに対して何かしらの
反応をもらえる割合い)が
 平均よりも高く、
“ファン化”の力として
評価をしていただく機会が多くあります。


フォロワーからの反応が
いちばん目に見えやすい、
“いいね”だからこそ、
正直、その数に
テンションが左右されたり、
反応がとれないと
「これでは顔が立たない」と、
少々焦りを感じたりします。


このようにしてSNSによって
自分の心に波風が立つことに危険を感じ

また同じような人もいるかもと思って
この記事を書こうと思いました。


わたしは、
“いいね”は脳内麻薬だと思っています。



1ツイートするごとに
みるみるとハートの横の数字が増えていく、
通知がとまらないそのさまは時に圧感で、
とてもわくわくするし、


時にそれは「頑張れ」「応援してるよ」と、
無言のメッセージを含んでいるようで
こころが助けられることもあります。


たくさんの人から
一斉に評価をもらえて
応援してもらえる経験なんて
日常生活ではなかなかないですよね。


もともと何者でもなかった私ですが、
今では“インフルエンサー”のくくりで
名前を並べていただくことも増え、
「好きです」「ファンです」と
いってくださる方も増えました。

もしかすると、
“インフルエンサー”というと
毎日が充実をしていて
華やかでキラキラとした日常を
思い浮かべられるかもしれませんが、
実は(正確にいえばわたしは)、
そうではありません。


なんどかお話をしたことがありますが、
わたしは普段、
病院の一職員として
仕事をするかたわらで
こうした情報発信系のビジネスをしています。


朝は半目で出勤をして
地味な事務服で仕事をしています。
狭いワンルームの部屋に帰って
むしゃくしゃした日には
ハイボール片手に
ツイッターをのぞいています。
だれにもどこにでもある1シーンです。


もちろんそんな日常で
「いいね」「すごいね」と
評価をしてもらえる場面はありません。



「好きです」「応援しています」と
背中を押される場面もありません。



それと正反対の
ツイッターの世界は
まさにもう一人の自分。
非日常なのです。



日常世界で頑張ったこと、
日常世界で感じたこと
日常世界で苦しかったこと・・・



それらをツイートに乗せて
発信することで
たくさんの人からの応援が届く。
たくさんの人から認めて貰える。
たくさんの人の元気に変わる。


それはもちろん嬉しいのだけど、
まるでだめだめな本当の自分を
「いいね」の数で加点をして
自分をなだめているよう
でした。



まるで脳内麻薬。
今日1日の失敗も苦しみも
全部は許されるよう
でした。



でも、本来目を向けるべきは
「いいね」の数でもリプライの数でも、
フォロワーの数でもなく、本当の自分。
そして、自分を支えてくれる
仲間のこと
なんです。



「100いいね」よりも
自分で自分を「がんばったね」と
いたわってあげること


1000人のフォロワーよりも
たった1人の親友と思い合うこと。


本当に必要なことは
至ってシンプルなそんなことで、
「いいね」で加点をしなくても、
わたしもみんなも
ただそこにいるだけで
尊く、すばらしい存在
なんです。


今日もいろいろあったけど、
今日も寝坊をしたけれど
今日も失敗したけれど、


それでも今日1日を生きた、
それだけで十分!


1000000000いいね!!



今日はそんな気持ちをつたえたくて
このブログを書きました。

明日はもっと良い日になるよ〜、
では次のブログで会いましょう!



Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]