メールマーケティングとは?~メールで”売れる”理由~





メールマーケティング”という言葉を聞いたことがありますか?”メールマーケティング”とは、その名のとおり”メール”を利用した、”マーケティング(市場づくり)”なのです。

 

わたしは、Webの中でも、さらに”メールの専門家”として、活動をしています。

 

「いまさらメール!?」

「インスタの時代だろ」

「いやいやLINEだ!」

 

 

 

・・・そんな声が聞こえてきそうですが、わたしは、今この時代だからこそ”メール”にはとんでもない力があると確信しています。

 

メールには2つの種類がある。

はじめに、メールには、大きくわけて2つの種類があります。

メールマガジン(一斉配信メール)

登録者へ、同じ内容を同じときに一斉に送信するメールをいいます。例えば、セールのご案内や新商品のお知らせなど、最新情報を読者に届けたいときに適した方法です。

ステップメール

ステップメールというのは、ひとつのシナリオにそって作られたメールをあらかじめセットしておくことで、読者登録をされた日を起点に1日後にはこのメール、2日後にはこのメール、3日後には・・・と順番にメールを送信することです。

 

ステップメールを使うことで、いつどのタイミングで登録をしたお客さんへも、1通目から順番にメールを届けることができ、順を追って情報を伝えることができます。

 

わたしが推奨しているのは、このメールマガジンとステップメール、そして、SNSやブログなどの各メディアを組み合わせた、マーケティング方法です。

 

メールマーケティングのメリット

リスト(連絡先)がとれる。

マーケティングの世界では、メールアドレスや住所など、お客さんにつながる情報を”リスト”と呼んでいます。昔で言う、顧客台帳のようなもの。

 

江戸時代から、「家が火事になっても、顧客台帳だけはもって逃げろ」と言われるほど、リストは重要視されてきました。それは現代でも変わることはありません。

 

リストをとることでの最大のメリットは、お客さんへこちらから連絡をとることができるという点です。しかも、メールボックスという、1対1の非常に親密な空間に、入り込むことができるんです。

プッシュ型メディアであること。

メディアには2つの種類があるのをご存じですか。それは、SNSやブログなどのプル型(PULL=引く)メディアと、メールマガジンのようなプッシュ型(PUSH=押す)メディアです。

 

プル型メディア

プル型メディアとは、情報を求める人が、求めるタイミングで情報を取りに行く先になります。

例)インターネット(検索)、バナー広告、セミナー・・・

どれだけいい記事を書いても、どれだけ練ったセミナーを企画しても、お客さんが「見よう」「行こう」としなければ、お客さんと出会うことができないという特徴があります。

プッシュ型メディア

プッシュ型メディアとは、発信者の決めたタイミングで、発信者が決めたターゲットに向けて情報を伝えられる媒体のことです。情報の受け手は、受動的、つまり受け身の状態で情報を受け取ります。

例)テレビ、新聞、折り込みチラシ、飛び込み営業・・・

メールマガジンも、このプッシュ型メディアに含まれます。ブログやツイッターなどのプル型メディアでは、お客さんが「みたい」「知りたい」と思ったときにしか、お客さんと触れあうことができません。ですが、プッシュ型メディアのメールマガジンを使えば、いつでもお客さんのメールボックスにお邪魔することができます。いわば、“お客さんに会いに行けるメディア”なのです。

レバレッジがかかること。

”レバレッジ”がかかるということもメールマーケティングのメリットです。”レバレッジ”というのは”てこの原理”のこと。小さな力で大きな効果をあげることができるという意味です。

 

メールを使ったマーケティングにおいて、販売者がすることは”メールをセットする”それだけです。これは、お客さんが1人であろうと、100人であろうと、1000人であろうと変わりません。同じ”1”の労力で、”100”にも”1000”にも効果をあげることができます。

メールマーケティングのデメリット

即効性はありません。

もちそん、いいことばかりではありません。メールを使うことによるデメリットもあります。それは”即効性はない”ということ。コストをかけて大規模な広告を打てばもちろん一気にお客さんを集めることができますが、メールマーケティングはじっくり時間をかけて、お客さんと信頼関係を結ぶマーケティング方法です。
全くの0からメディアをつくるとなると、メディアが育って、リストがとれるようになるまで、最短でも3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。
ただ、メールでつながったお客さんは、非常に”濃い”お客さんです。そして、一旦作り上げた”仕組み”は一生使うことができます。2年3年・・・と同じステップメールを稼働させて、長く収益を上げ続けることもできます。

メールマーケティングの応用

実はこの、お客さんのリスト(連絡先)をとって、リピーターをつかむマーケティング方法はいろんなビジネスに応用が利きます。

飲食店や美容室で・・・。

飲食店や美容室でこんな場面に遭遇したことはありませんか?「LINE@ご登録で20%引きクーポンをプレゼントします」「メールマガジンのご登録でサンプルをプレゼントします」など・・・。わたしもついついよろこんで登録をしてしまうのですが、この”プレゼント”の最大の目的は”リストをとること”なんです。

 

クーポンやサンプル目的に一旦登録をすると、そのあとも継続して、ご案内のメールなどが届きますよね。つまり、お店側はリピーターが欲しいのです。新規顧客を開拓するより、一度お店に価値を感じて来店してくれたお客さんのリピートにつながるようにアプローチする方が近道なのです。他にも、洋服屋さんや映画館、化粧品・・・さまざまなところでこの方法が使われています。

 

メールを制するものがビジネスを制する。

このように、”メール”を使ったマーケティング方法を理解すると、そのノウハウを使って、どんどん横展開していくことができます。自分の商品・サービスのみならず、人の商品・サービスを”売れる”ようにできるほか、法人向けのコンサルティングサービスを手がける人もいます。

実は新しい”メール”。どんどん活用して、お客さんと人対人の信頼関係を築き、たくさんのファンを作っていきましょう。このブログでは、そのノウハウも惜しみなくお伝えしてきます。

-----------------------------------------
私は、ブログとメルマガを組み合わせて
インターネットに働いてもらっています。

25歳の6月、
この新しい働き方にたまたま出会い、
人生が180度変わりました。

あなたにもひとつの選択肢として
その方法を知ってほしくて
種明かしをしているセミナー動画を
プレゼントしています。

こちらから、お受け取りください♪
↓ ↓ ↓ ↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です