カウンセリングは痛い





カウンセリングを知っていますか?

あなたは、”カウンセリング”を受けたことはありますが?

カウンセリングにどんなイメージを持っていますか?

カウンセリングを受けたあと、どんな気持ちになると思いますか?

 

多くの方は、優しいカウンセラーさんが・・・

「つらかったね~」「たいへんだったね~」って・・・

やさしく話を聞いてくれて・・・

カウンセリングが終わったあとは・・・

こころが「ほっ」っとすると思っていませんか?

 

 

いいえ、全然違うんです。

 

 

 

実は、カウンセリングって、すっごく痛いんです。

 

カウンセリングは自分と向き合う作業

こころの不調の原因は、脳のはたらきに問題があることも多いのですが、その多くが同時に、ものの捉え方が偏っていることがあります。たとえば、人の何気ない発言が、何もかも自分を攻撃しているように思えてしまうとか…。実際は、そんな事実はなかったとしても、「みんなが自分を攻撃している」と思い込んで生活をしていたら、当然、こころも疲れちゃいますよね。そして、そうした偏ったものの捉え方をしてしまう人の多くが、過去に何らかの傷を負った経験をしています。たとえば、親との関係、いじめ、死別、トラウマ・・・。それでも、変わらずやってくる明日を生きるために、そうした記憶に蓋をするんです。そうしないと、自分では生きていけないからです。

 

そんな人たちが、生きづらさを解消するためには、脳のはたらきを支えるほかに、カウンセリングで、少しずつものの捉え方を正していく必要があります。そして、そのためには、過去の蓋をあけて、中身を洗い出す必要があるんですね。何年も何年も目をそらしていた自分の気持ちに、気づくだけでも、人は鮮明に大ダメージを受けます。そして、カウンセリングは、そのダメージを受けた心と、ちくちくっと刺激する作業なんです傷口に塩を塗るとはまさにこのことで、ちくっと痛い思いをしながら、自分の過去と向き合い、その経験を語ります。

 

カウンセラーさんは、決して「つらかったね」「たいへんだったね」と聞くだけではないんです。いろんな角度を変えて、カウンセラーさんは傷口に踏み込みます。痛いです。でも、治療ってそういうものなんです。患者は、カウンセリングを経て、自分の考え方のゆがみに気づいて、修正をしていきます。話を聴いてもらって、「ほっ」「すっきり」なんてことはありません。カウンセリングのあとはズドーンっと疲れが押し寄せて、その日は誰にも会えませんでした。

 

 

精神科医も言っていました、「カウンセリングは、こころをちくっとして痛みがあるから意味がある。”話をきいてもらってすっきりした~”で終わるのは、カウンセリングではなくて、ただのおしゃべりだ」って。

 

わたしは、そういう誰かと一緒に自分と向き合う作業が苦手で、カウンセリングは中断してしまいました。せっかく安定しているところを変に刺激されて、ずどーんと落ちてしまったら元も子もないと思ったからです。それも治療経過かもしれませんが、わたしにはその余裕すらありませんでした。中途半端なままの私は、まだまだ不完全で、こころはかさぶたまみれです。だから、カウンセリングを続けられる人ってすごいな~って尊敬します。

 

カウンセリングとビジネスとの共通点

わたしはいま、ビジネスを学んでいます。先日、ふと、「ビジネスを考えることと、カウンセリングの作業ってすごく似ているな」と感じました。なぜなら、現在・過去の自分と向き合って、自分の全てを見つめなおすということが共通しているからです。自分の得意なこと、苦手なこと、興味をもったこと、嫌いなこと・・・全部を洗い出して、なぜなぜなぜなぜ…と突き詰めていった先に、自分のビジネスや自分のやりたいことが見えてくると考えています。このブログの読者さんには、わたしと同じような境遇の方だけでなく、ビジネスを始めた方、ビジネスを始めようと思っている方もいると思います。ちょっぴり痛いかもしれませんが、まずは自分のこころと向き合ってみてください。あなたすらきづいていない、あなたが見えるかも。新しい発見があったら、ぜひぜひ私に教えてくださいね!^^

-----------------------------------------
私は、ブログとメルマガを組み合わせて
インターネットに働いてもらっています。

25歳の6月、
この新しい働き方にたまたま出会い、
人生が180度変わりました。

あなたにもひとつの選択肢として
その方法を知ってほしくて
種明かしをしているセミナー動画を
プレゼントしています。

こちらから、お受け取りください♪
↓ ↓ ↓ ↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です