挑戦しようか悩んでいるあなたへ伝えたいこと~実はわたし、アイドル志望でした~





あなたにはいま、夢や目標はありますか?

その夢や目標を達成するためには、何が必要ですか?

その夢や目標を達成するために、どんなことをしていますか?

 

 

なぜ、こんなことを聞くのかというと、

わたしには後悔してもしきれない思いがあるからです。

 

私はアイドル志望でした。

私は、物心ついた頃から、アイドルが大好きでした。もともとのきっかけは、母親から、松田聖子さんの唄をたくさん教えてもらったことだと思います。幼稚園のとき、SPEEDさんが大ブレイクしていて、小学生の頃にはモーニング娘。さんが国民的アイドルになりました。特に、わたしは加護亜衣さんと辻希美さんが大好きでした。可愛い衣装を着て、歌を歌って、ぴょんぴょん踊る姿に憧れて、いつもテレビの前で真似っ子をしていました。

中学生にあがると、偶然、AKB48さんの存在を知ります。当時のAKB48は、「スカート、ひらり」や「会いたかった」をリリースした頃で、全国区になる4年ほど前でした。

今でこそ大人気のAKB48グループですが、当時のAKB48は、秋葉原の小さな劇場での活動が中心で、一部では”パンツ見せ集団”と叩かれていたんです。メンバーもどこか、”おぼこい”というか、あか抜けない印象で、これまで見ていたキラキラアイドルとは全く違う印象をいだきました。

 

人生最大の勘違い

「私でも・・・入れる!?」

これはいま思い返しても、人生最大の勘違いだったと思います(笑)。わたしでもなんだかできる気がしたんです(笑)。いつか、AKB48に入りたい!と思うようになりました。ただ、ど田舎育ちのわたしにとって、”アイドルになる”は夢の夢の夢のような話だったんです。そんなある日、ビックニュースが飛び込みます。

 

”SKE48を結成します”

東京・秋葉原を中心に活躍をしてた、AKB48の姉妹グループが、名古屋・栄に結成されることになったんです。この情報をネットニュースで見たときに、一気に自分の夢が近づいた気がしました。愛知県なら、東京ほど遠くはないし、”1期生”という肩書は喉から手が出るほど欲しいものでした。ちょうど中学3年生の頃だったと思います。

 

だけど、誰にも言えなかった。

こんな大きなチャンスが目の前にあるにも関わらず、わたしには「アイドルになりたい」と、口にする勇気がありませんでした。照れくささもあったし、いざとなると自分に自信がなかったです。当時のわたしはいじめられていたし、顔も可愛くないし・・・ちょうど受験を控えていたので、何かと自分を納得できる理由を付けて、自分の夢に蓋をしました。

 

飛び込んできたのは、AKB48選抜総選挙。そこから一気に全国区へ。

夢に蓋をして以降、わたしはAKB48グループから離れました。まだまだ全国区でなかったグループは、自分から検索をしたり、情報を集めないと、目に入らなかったので、気にしないことができたんです。・・・それから数年後。そんな私をかき乱すイベントがはじまりました。

 

”AKB48選抜総選挙”

一気にメディアの注目を浴びたAKB48グループは、あっという間に全国区になります。

”言い訳Maybe””RIVER””ポニーテールとシュシュ””ヘビーローテーション”・・・大ヒット曲を連発する中で、毎日毎日わたしの目にAKB48が飛び込んでくるようになりました。蓋をしていた私の夢は、一気に溢れてしまいました。

 

やっぱり、わたしは、コレがやりたい。

 

でも、もう取り返しがつかなかった。

何かと理由をつけて自分の夢から目をそらしている間に、AKB48グループはどんどん手の届かないステージに進み、同時に私は歳を重ねていました。オーディション参加条件は18歳まで。当時のわたしはもう18歳でした。滑り込みで応募をしても、不合格。年齢制限の広い、SKE48・NMB48に応募しても、不合格。その他のオーディションを含めると、落ちたオーディションの数は、軽く二桁を超えます。どんどん受けられるオーディンションの数も減り、わたしの挑戦は幕をとじました。

 

あなたに伝えたいこと

”年齢”という、何にも逆らえない理由で、夢に終わりを付けることがとてもつらかったです。年齢制限を無視して、履歴書を送りつけるという暴走もしてましたね(笑)。先日開催された、53rdシングル世界選抜総選挙では、SKE48 1期生の松井珠理奈さんが、第1位に輝きました。そんな松井さんをわたしはTVを通してみていました。私と松井さんとの違いはもちろんたくさんありますが、一番大きな違いは、”SKE48を結成します”という募集にたいして、行動をしたか・しなかったかです。そこが人生の分岐点だったと思います(冗談ですが、もし、中学3年生当時のわたしが、”SKE48を結成します”に対して何も考えずに喰いつくことができていたら、あの1位の場所に立っていたのはわたしかもしれません)。もし、中学3年生にタイムスリップできるなら、SKE48やAKB48に迷わず挑戦すると思います。

 

わたしは、夢を追いかけることに年齢制限はないと思います。

何歳でも、新しい夢を見ていいし、挑戦してもいいんです!!!

 

でも!!どうしても、夢の方から期限をつけてくることがありますそれが突然であることもあります。

だから、夢や目標があるのであれば、1日でも、1分でも、1秒でも早くスタートしてください。

取り返しがつかなかった私からのメッセージです^^

 

わたしの次の夢は、”あなたのために”インターネットビジネスを立てることです。

これも早く行動することが大切なんです。

だって、すでに同世代で成功している人が山ほどいるし、

数年後には、スマホ世代・SNS世代という、影響力をもった若者たちがどんどん出てきます。

思い立ったら即行動!もう後悔しないように、私は行動しています。

 

夢の挑戦期限じゃなくて、

叶った夢に、たくさん日付を付けていきましょう!

 

あなたの夢はなんですか?

もしよかったら教えてくださいね^^

だれにも話せない気持ち、なんでも聞かせてください。

こころを込めてお返事します。

-----------------------------------------
私は、ブログとメルマガを組み合わせて
インターネットに働いてもらっています。

25歳の6月、
この新しい働き方にたまたま出会い、
人生が180度変わりました。

あなたにもひとつの選択肢として
その方法を知ってほしくて
種明かしをしているセミナー動画を
プレゼントしています。

こちらから、お受け取りください♪
↓ ↓ ↓ ↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です