やる気が出ないあなたを助けたい、未来をソウゾウせよ!





やる気がない。もう全部、やりたくない。家事も仕事も投げ出したい…。

それでもやってくる明日・・・。わたしもそうでした(むしろ、現在進行形かも…)。

「ああ、もうどうしよう」そんなあなたへ、

私見ではありますが、ちょっとだけ気持ちが楽になった考え方をお伝えします。

 

やる気が出ない理由はなんだろう

身体的に不安定である

身体的に安定していることは、やる気を起こす上での基本です。”身体的に不安定”な状態というのは、必ずしも”病気である”わけではありません。

 

たとえば、おなかがすいたな~」「頭が痛いな~」これらはすべて、”身体的に不安定”な状態です。おなかがすいた状態では集中できませんし、頭痛がする状況では作業どころではありません。わたしは、ストレスから、頭痛・食欲不振・胃痛・発熱…さまざまな身体症状が出てしまい、まったく仕事に集中できませんでした。「こんなことをしている場合じゃないのに…」と思っていました。当然、やる気がでる訳もありません。

 

悩み事や心配ごとが多すぎる

人間は弱い生き物です。消耗できる意思の力には限界があります。悩み事や考え事は、意思の力を減らし、やる気が出ない状態に導きます。”やる気がない”だけでも大きな悩みですよね。

 

そこから、身体も不調になり、仕事の成果もでなくなれば、どんどん悩みが増えて、またやる気がなくなる…負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

無意味感がある

人間であれば、誰しも無意味なことにやる気を見出すことはできません会社などの組織に所属し、「組織の歯車」として生きていると陥りやすい心理状態です。日々、自分を消耗させながら取り組んでいることに、何の意味があるのかイメージできなくなるのです。

 

望んでいる結果や成果が出ない

一生懸命作業に取り組んでも、望ましい結果が出ないことがあります。その状況は、無意味感を誘発させて、モチベーションが一気にそがれます。”すぐに無意味だと決め付けてしまう””小さな成果に喜ばない””失敗をネガティブに捉えすぎる”などの思考の癖が、足を引っ張ってしまうのです…。

 

とにかくつらかった

とにもかくにもつらかったです。上で述べた原因がすべて重なっていました。

日々働きながらも、社会の歯車として、社会を回転させるだけの部品のような気持ちでした

頑張ったところで、社会人としてそれは当たり前こと。成果を出したところで、当たり前。

日を重ねるごとにタスクは増えて、経験を重ねるごとに責任も増える。

 

気付けば、身も心も豊かな生活からはどんどん離れていきました。仕事の内容が合う合わない、その次元以前に、”何をしているかわからない”これが、日々の虚無感の原因だったと思います。

 

「そうは言ってもやるのが仕事」「甘い」「ゆとりだ」…そんな声も聞こえてきそうですが、私は、”忍耐””気合い””我慢”の精神論だけで、自分を押し殺して、無機質に働くことに価値を見出せなかったのです。

 

やる気を出すために、未来をソウゾウしよう

理想の自分をまずは想像しよう

せっかくの20代という、人生でもっともキラキラしているはずの時間を、”何をしているのだろう”とすごすのは、とてももったいなく、無駄だと思いました。

 

これから、自分の人生を挽回するために、”何が実現すれば自分はしあわせか”をじっくり考えてみましょうまずは、想像(image)です。

※ここで注意しないといけないことは、”できない”とは考えないことです。自分は何にだってなれるすばらしい存在だと思ってください!

わたしの理想像

わたしの理想は、こんな生活でした。

自由な時間がある

好きな時間に起きて、好きな時間にご飯をたべて、好きな時間にお出かけをしたかったです。時間に追われない生活に憧れがありました。

 

自由なお金がある

”自由”といっても、高級車や、高層マンションに住みたいわけではありません。ちょっと立ち寄った本屋さんで気になる本を買ったり、新発売のお菓子を買ったり、気になるコスメを買ったり、そんなちょっとした贅沢がしたかったです。ペットボトル1本を買うにも、葛藤に悩まされていたのです。

 

温かい穏やかな家庭を築く

私はまだ結婚をしていません。将来的には大切な人と、温かい家庭を築きたいと思っています。朝起きて、家族のために栄養たっぷりの食事を作って、家も清潔にたもって、夜は家族で団らんを過ごしたいと思っています。家族旅行にもたくさん行きたいです。

ひとをしあわせにしたい

私は、悩んでいる人・困っている人を放っておけない性格です。漠然とした理想ですが、そんな人の背中を押せるような、支えになれるような存在になりたいと考えています。お日様とまでは言いません。いるだけで、ほっとこころが休まるような、ひだまりのような人になりたいです。

 

今の自分に足りないものは?

そのために何が必要ですか?

私には足りないものばかりでした。お金・時間・人間力、何も足りません。

私は、”理想の自分”にゴールの焦点をあてました

ここまで読んでくださっている方にはお伝えすると、

私の今の野望は、自分のビジネス1本で生きていけるようになることです

誰にも雇われずに、自分で価値を生産し、社会貢献、あなた貢献をしていきたいです。

 

想像した未来を、創造しよう

”無意味”に自力で”意味づけ”する

わたしの目標、”自分のビジネスをもつ”は、今日やろう!とすぐに実現できるものではありません。今の生活を続けながら、次に向けた準備をしていく必要があります。

 

ただこなすように今の生活を送るのもつらかったので、なんとか、今の生活に価値を見出すべく、こじ付けであったとしても、日常のひとつひとつ意味付けをしました。今の私にはつらさでしかない、会議資料づくりや、ミーティングでのファシリテーター、他部署・他機関との調整、上司との交渉など、すべてのことが、自分の理想とする未来に生きるスキル習得のためのレッスンだと考えるようにしたのです。

 

理想の自分イメージ(想像)しながら、仕事に取り組むことで、徐々に理想の自分に近づく過程を意識することができ、仕事に対する姿勢が変わりました。

 

この思考は、私が不登校寸前になりながら、大学に首席合格をしたときの方法と似ているように思います。

学校に行きたくない…それなら行かなくても大丈夫! ~不登校でも大学に首席合格できました~

 

あなたの夢は何ですか?理想とするのはどんな生活ですか?

あなたの夢は何ですか?理想とするのはどんな生活ですか?あと、何があれば(逆に何を取り払えば)そこに近づけますか?

 

理想の自分を見えたら、そこにゴールを立てましょう。すると途端に、今いる自分の位置からゴールまでの道が広がりませんか?

 

今目の前にある困難も、無意味な作業も、未来につながる過程のひとつに変わるのです今度は、想像上の未来を、創造をしていく番です人生に”遅すぎる”はないと思います。思い立った、今がそのベストのタイミングだと思います。

 

-----------------------------------------
私は、ブログとメルマガを組み合わせて
インターネットに働いてもらっています。

25歳の6月、
この新しい働き方にたまたま出会い、
人生が180度変わりました。

あなたにもひとつの選択肢として
その方法を知ってほしくて
種明かしをしているセミナー動画を
プレゼントしています。

こちらから、お受け取りください♪
↓ ↓ ↓ ↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です